fc2ブログ

パリパリが好き!!

 07,2023 21:58
 

本日も御訪問ありがとうございます♡



itijiku231207-1


イチジク、まだまだ木に残ってて、たくさん数はあるのですが

寒さで甘さも柔らかさも旬のときとは違ってきて

昨年の12月のブログを遡ってみても、この時期になると熟すことなく終わってしまいそう。。。



今日は朝から風が強くて、イチジクの葉っぱがかなり散っておりました。


itijikunoha231207-1

畝間に落ちているのを踏んづけてしまうと、粉々になりそうな



その  を聞きつけたヤギーズの、この顔


koharu231207-1


奪い合うようにして、こはるとひよりが食いついたんですが


koharuhiyori231207-1

食べる時の音も、パリパリパリパリ イチジクの乾燥葉って こんなにいい音がするんだ〜って


これは動画で撮っておかなくては 


koharu231207-2



麻呂もです

maro231207-1


ヤギって、湿ったものや、水分の多いものは好きではないので 

(スイカを美味しそうに食べてるヤギさんもいるけど、うちのヤギたちは食べないんです)


こういうカサカサの葉っぱは、味というより食感が好きなんだろうな〜と思います。



イチジクの葉っぱ お茶にしたり入浴剤として使用したりもできるようなんですが


この時期にヤギにあげるのがベスト


だって、こんな 嬉しい顔 を見ることができるのですもん



今まで落葉は、イチジクの木の株元に戻していましたが

その落ち葉をヤギに食べさせたら

御礼肥として、ヤギのウンポロをイチジクの木にお供えするのもいいかもです



そうそう、ナマケモノ って危険をおかしてまでも排泄の時に木から降りて行って

しかも、穴を掘って埋める作業をしてるそうなんですよね。

木の上から落としただけでは、木の栄養にならないというのを本能で知っているのでしょうか。

ナマケモノは、一生のほとんどを木の上で過ごしているのに

外敵から狙われるリスクもありながら、排泄する時には木の下に降りる

自分の暮らす環境を守るために命をかけているということを知って、その行動の素晴らしさに感動しました。


と、体にはが生えていて保護色になっているばかりか

その藻を食べる蛾もカラダに住んでいて、蛾の排泄物は藻の肥料となり・・・

ナマケモノはお互いになくてはならない共生関係にあるって 


こういう自給自足なことをやってのける自然界の生き物たちに、人も学びたいものです。



2つのランキングに参加中です。


ペット(山羊) ブログランキングへ



今日も最後まで おつきあいありがとうございます
応援クリック&コメント、とても励みになっております。



スポンサーサイト



Comment 0

Latest Posts