07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

淡路島のハイジ

Author:淡路島のハイジ
幸せとは
ココロの中で日々感じるもの・・・

コンパニオンアニマルである
ヤギとの暮らしを楽しんでいます。

チャチャ 去勢♂ 2012.11.19生
こはる  ♀   2013.1.24生
ひより  ♀   2013.1.24生

双子ちゃんのニックネーム
「こはるん&ひよりん」
お世話係 ペーター 
(旧・人間ゆきちゃん ハイジの弟)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


himekichi日記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

術後のまとめ その1

2014.12.20 22:19|チャチャ(茶々)♂
11月18日(火) 潜在睾丸摘出手術の日

14時の予約の為、一時間ほど前に家を出る。 片道約40分。
それより少し前の様子です。
心配して来て下さったK様の前で、男前ぶりを必死に見せるチャチャ
朝から何も食べていないのに、動き過ぎだってば

cyacya141118-5  

道中の車の中 途中の国道では工事中の箇所があり
停車していた間、突然 窓ガラスに向かって頭突きを始めたチャチャ
どうやら、外にいた数人の現場の男性に
「僕はオスヤギだメェ〜」と注目を浴びたかった模様

チャチャは、このように
人の目を、かなり意識するヤギなのです


で、で・・・・なんで、こっちにお尻を向けてポロポロするかな。。。汗
(ヤギ仕様にした軽四の中で、走行中の出来事です。)
cyacya141118-6  cyacya141118-4

動物病院着 外で鎮静剤を打たれる。
意識がなくなったチャチャを
弟が先生と共に運んでいるところ。
もうちょっと説明が欲しかったですが・・・

cyacya141118-9  cyacya141118-8

☆院内に入ってから体重を測り、予測していた体重30kgを遥かに下回る24kgしかなかったことが判明。

「もう、30kg分、打ってしまったから早くしなくちゃ〜」獣医さんの言葉に唖然!

その後、「あれ?ちょっと調子悪いですね〜」
「それは、どういうことですか?
この間の血液検査の結果はどうもなかったのに、今、調子が悪いということですか?」
「そうです。」

心配になる私と弟。
手術の現場も見せてもらえるのかと、その場を離れずにいたら
待合の方で待っていて下さいとのこと。
しばらくして「心拍数、上げて!!」と指示している先生の声が。。。
気が気でない私たち。私が心臓止まりそうでした

そこからの写真はありませんが
術後、「とても小さな奇形の睾丸でした。」

説明は、麻酔で体が緩んだせいか、体内にあった残っていた睾丸が
陰嚢の中に下りてきたのでお腹を切ることなく手術はできた。
体を傷つける負担が少なく済んだ分 ラッキーだったわけですが
開腹手術の予定で、その準備をしていた為
申し訳ないですが金額的には かなり高くなりましたとのこと。
麻酔を解毒する薬を打ってもらい、目覚めるまで半時間ほど別室でチャチャに付添う。
ワンコなど通常なら一晩は泊まっていくそうですが
ヤギなので覚醒した時の勢いの方が心配だからでしょう。
歩けるようになった時点で連れて帰って良いと。
そんなに早く連れ帰っても大丈夫なの?って感じでしたが・・・

当日は、何も食べささずに来ていたので、お腹は空いているに違いありません。
「その辺、散歩させてもらっていいですよ。草が生えているところがあるし」
「え?今、食べさせてもいいんですか?」
なんか、説明が納得いかないことが多々あり。。。
「今日は、帰ってからは青草より乾燥牧草なら少しは食べさせてもいいです。」って。。。

麻酔が覚めるまでは本当に大丈夫なのか心配だったので
帰ってから、元気よくチモシーを食べたのにはホッとし
その夜、チャチャの様子を見に行った時は、何度か体勢を変えながらも
いつもと変わらない静けさで安心しました。

摘出して頂いたタマタマちゃん
私が希望したのですが、ホルマリン浸け状態で持ち帰り可能でした。
小さいです。裏表から撮影しました。

kougan141118-1 kougan141118-2

あまりに小さいので、オスとしての役目を果たしてなかったのではないかと獣医さんがおっしゃって・・・
チャチャは、うちに連れて来る前に体外に下りていた1つは、すでに取り出してもらっていましたが
体内の もうひとつは十分オスとして生きていた証拠に
髭も立派で、オス臭もあり、こはる&ひよりに対して かなり反応した行動をとっていました。
メスヤギと一緒にできない分、ストレスも相当だと感じたので
今回の去勢手術に踏み切ったわけなのですが・・・・

介護しなくてはならないほどに、食べなくなってしまった術後のチャチャに
後悔の気持ちも一時よぎり・・・自分を責めた期間もありました。

でも、今、こうして元気になったチャチャを見ていると
地元で手術して下さった動物病院に巡りあえたことは、良かったと思っていますし
先生に感謝しております。


自信を持って大丈夫ですとはっきりと言って下さっていたので安心して お任せしましたが
色々と疑問や不信感が芽生えたのも事実で
本来ならば、事前にもっと話し合うことを要求すべきで、それを怠った自分を反省しています。

これが、もし元気になっていなかったら
反省ではなく後悔していたかもしれませんし・・・

チャチャとの暮らしが始まった2013年2月以降
この先生を知るまで、連れて行けそうな範囲の島外の動物病院4件に電話で問い合わせはしましたが
どこもヤギの潜在睾丸においては手術の経験がないということで受け入れてもらえず諦めていたんです。

癌化する可能性があること、メスヤギに対してのストレス・・・
島内で可能な病院が見つかり、決断してから手術、そして今日に至るまで
術後二日目からの様子も、ブログ上に記録しておきたいと思います。

続きは、また明日に

今日は朝から、かなりの雨。 気温は、ここ2,3日よりは高目で みんな元気でした。

yagi141220-1

チャチャも一生懸命、食べていましたよ

cyacya141220-1

本日も御訪問 嬉しいです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
2つのランキングに参加中です。



ペット(山羊) ブログランキングへ



応援クリック&コメント、とても励みになっております。
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真
ジャンル:写真

コメント

No title

そうですか・・・
事前に体重をしっかり測っていなかったのは、大きなミスでしたね。
よさくの時は、麻酔から覚める注射をしたら、
う~~~ん・・・?ってな反応がすぐにあったと思ったら、
何したの???ってな感じで、ぱっ!っと起き上がりました。
きっと、麻酔が効きすぎていたんでしょうね。
それで、心拍数も下がったりしたんでしょうね。
でも、最終的には元気になることが出来て、本当に良かったですね。
よさくのタマタマちゃんは、サイズは計らなかったけど
私の握りこぶしより大きかったです。(笑)

No title

そ~だったのね!
術後の様子があまりにもダメージが大きくて、「なんでだーー!!」って
思ってましたヨ。
何はともあれ、元気になって私も嬉しいです。

No title

麻酔を打ってから体重測定って・・・ワイルドですねi-201
うさぎを連れていった病院でも、手術の大型犬に待合室で麻酔打ってましたが、
大きい子はそういうものなんですね。

手術直後に具合が悪いのは想定内ですけど、あとからがくんと悪くなるのは怖いですね。
どんなに不安だったかと思います、ハイジさん・・・
安心したら疲れが出ないように、ゆっくりしてくださいね。

ゆきははさま

いつもありがとうございます♡

体重は食べる量が減ってきていて血液検査を受ける為、往診して頂き
手術を決めた日に、たぶん・・ということで伝えていたのですが
手術日、病院で計ってもらう前に30kg相応の鎮静剤?麻酔?を打たれてしまったとは
あとで知ってショックでした。
大きく見えていたので、こはる&ひよりと これほどまでの差があったとは思いもせず・・・

> よさくの時は、麻酔から覚める注射をしたら、
> う~~~ん・・・?ってな反応がすぐにあったと思ったら、
> 何したの???ってな感じで、ぱっ!っと起き上がりました。

よさく君は、すぐに目覚めたのですね?
チャチャは半時間位してからかな。

> きっと、麻酔が効きすぎていたんでしょうね。
> それで、心拍数も下がったりしたんでしょうね。

後日、聞いた話、心臓が一旦止まったとかで。。。

> でも、最終的には元気になることが出来て、本当に良かったですね。

はい!ホントに元気なったからこそ、すべて有り難いことだとブログでも発信できております。
御心配頂き、本当にありがとうございました。

> よさくのタマタマちゃんは、サイズは計らなかったけど
> 私の握りこぶしより大きかったです。(笑)

そんなに大きいものなんですね〜〜〜
チャチャは潜在睾丸だったがゆえに、生れたときから大きくはなっていない
仔山羊の大きさのままだったようです。
ちなみに、よさく君のタマタマちゃんは お持ち帰りしたのでしょうか??

あっちゃんさま

コメントありがとうございます♡

> そ~だったのね!
> 術後の様子があまりにもダメージが大きくて、「なんでだーー!!」って
> 思ってましたヨ。

そ〜〜なんです。。。
普通の去勢手術じゃなく潜在睾丸のリスクもある上でのことでしたので
ずっと心配の種はあったのですが
まさか体重計る前に、それ以上の麻酔とは。。。
それを聞いた時の私のショックも相当なものでした。

> 何はともあれ、元気になって私も嬉しいです。

ありがとうございます!!!
すべて貴重な体験です。
チャチャの生命力にも拍手♪
もう、寄り添って寝れないですよ〜元気になり過ぎて。。。アハハ
夢のような体験をさせてもらえたことにも感謝ですかね〜笑

はなこさま

コメントありがとうございます♡

> 麻酔を打ってから体重測定って・・・ワイルドですねi-201

信じられないでしょ・・・
麻酔なのか鎮静剤なのか、説明も曖昧でしたし、それって同じなのか違うのか
なんだか、最後まですっきりしませんでしたが。。。
ヤギって感受性が強いから、特に慎重にせねばならないはずなのに
私も、もっときっちり確認しておくべきでした。

> うさぎを連れていった病院でも、手術の大型犬に待合室で麻酔打ってましたが、
> 大きい子はそういうものなんですね。

意識が薄れてから中に入るようになっていたのですが
効き目が早かったのも、量が多かったからなのかな・・・
意識がなくなっていく様子って、見ているだけで怖くって・・・

> 手術直後に具合が悪いのは想定内ですけど、あとからがくんと悪くなるのは怖いですね。

1日置いてだったので、何が何だか・・・戸惑いました。
一番 戸惑っていたのは、絶食された上に車で連れて行かれ
知らない間に大事なものをとられて
体の変化にも付いていけなかったチャチャの方なのでしょうけど・・・

> どんなに不安だったかと思います、ハイジさん・・・
> 安心したら疲れが出ないように、ゆっくりしてくださいね。

私自身、寝なくても食べなくても、チャチャの側にいることしか頭になかった日々も
今ではすべて良き体験だったと思えます。
はなこさんも海くんの病気のことで、不安な日々を過ごされてきたのでしょうね・・・
チャチャの介護をしながら、はなこさんと海くんからパワーもらえていましたよ〜
ありがとうございます。

非公開コメント