07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

淡路島のハイジ

Author:淡路島のハイジ
幸せとは
ココロの中で日々感じるもの・・・

コンパニオンアニマルである
ヤギとの暮らしを楽しんでいます。

チャチャ 去勢♂ 2012.11.19生
こはる  ♀   2013.1.24生
ひより  ♀   2013.1.24生

双子ちゃんのニックネーム
「こはるん&ひよりん」
お世話係 ペーター 
(旧・人間ゆきちゃん ハイジの弟)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


himekichi日記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

術後のまとめ その2 (11/19~11/25)と今日の様子

2014.12.21 22:39|チャチャ(茶々)♂
御訪問ありがとうございます。
昨日に引き続き、チャチャの潜在睾丸摘出手術後の記録を綴っています。

11/19(水) 手術の翌日
夜中、いつもと変わりなく寝ていた様子。朝も寝床からスッと出て来て元気そのもの。
この日は、チャチャの2歳の誕生日でした。
去勢手術を終えたからといって、急には変わらないよね?オスとしての行動もあり。
食欲もあり。なので、病院から出ていた薬も念の為の化膿止めだけ飲ませ
胃の薬(胃の働きを良くする薬)は飲ませていませんでした。
cyacya141219-11

11/20(木) 手術から2日目
朝食を食べたあと、何かがあったんだよね?
「ん〜〜〜〜〜ん ん〜〜〜〜〜ん」 という声に窓越しに外を見ると
チャチャが柵の所で動かない状態。
家の中から見ている間に自分で離れたものの
その後、様子を見に行くと一番奥の方でガタガタ震えていた。
自分の角を認識しておらず、いつもならくぐり抜ける所も、すべて角をひっかけてしまう始末。
様子があまりにおかしいので、手術をして頂いた動物病院に電話。
その後、角の付け根の辺りに血が出ていたのを発見。
どうやら何かアクシデントがあり怪我をしていたことがわかる。
震えは止まり、次第に落ち着きを取り戻したものの
この日は朝食の乾燥牧草を食べ終わった午前8時半以降 何も食べようとしなかったのです。

11/21(金) 手術から3日目
前日の様子が普通でなかったので気になっていたところ、夜中に異変が。。。
午前2時頃「メェ〜〜〜〜〜」という叫び声ともとれる大きな声に不吉な予感。
チャチャは普段、あまり大きな声で鳴くことはない。
小屋に飛んで行くと、立った状態で上を向き精いっぱい首を伸ばし踏ん張っていた。
弟も同時にチャチャの鳴き声に気がついて出てきたものの
何が起こったのか、わからないまま二人で声かけをし落ち着かせる。
寒さと術後の傷痛みなのかとヒーターを用意。
しばらく様子を見ているうち、自分で小屋から出てきたが
様子が尋常ではないし深夜のこと、気温が下がっているので家の中に連れて行くことに。
チャチャは、ずっと立ったまま。私は腕で首を支えるようにして夜明けを待つしかなく・・・
時折、歯ぎしり。反芻はなし。眠そうで目を閉じることもあったけど、座ることはなし。
5時40分 反芻を始める。6時過ぎ、歩き出したので外に出すと、どんどん歩く。
草地の方にも自分から行くが草は全く食べようとせず
障害物があるところでは、ぶつかってばかり
昼間、別荘の方へ移動するも全く食べようとしない。
もちろん、こんなことは初めて。
鳥の鳴き声や救急車の音に脅えパニック状態になり
柵の間に顏を突っ込み、自傷行為とも見える行動を・・・
cyacya1221-1
こうして顔を突っ込めるだけ突っ込んで首を左右に激しく振っているのを見て
手術の翌々日の朝、角の付け根から血が出ていたのも、これが原因だと思った。

立ったままウトウトはするが、歩いても足元は不安定でふらつく。
心配なので、夕方、往診して頂くことに。
化膿止めの飲み薬の変わりに注射になった。
(翌日の分と2回分。この日は先生が打って下さったが翌日は家の人でということで・・) 
胃の働きを良くする薬と胃の細菌を増やす薬は6日続けるよう指示される。
化膿止め(抗生物質)により、第一胃の細菌などの微生物が死んでしまい
反芻動物にとって繊維分解をする発酵タンクの大事な役割が止まっているということで
同時に細菌を増やす薬を飲まなければいけないという。
化膿止め=抗生物質で、菌を殺してしまい裏目に出ているってわけ。
常々、私は自然治癒力を信じているので
薬にも抗生物質にも抵抗があったのだけど 化膿止めって怖いと思った。
まず、第一胃の中のヤギと共存している細菌を増やさねば
チャチャも生きてはいけないってことなのだから・・・

11/22(土) 手術から4日目
ほとんど食べない状態のチャチャ。
チモシーは長い状態のものを口の奥の方に入れてやると食べやすいことを弟が発見。

cyacya141222-1

どうやら奥歯まで牧草を持っていってやると噛んで飲み込めるという状態である。
気長に一本づつでも食べさせる他なかった。
ねばっこい便。体温は38.4度。
連休に入るので今日なら可能ということで再度往診をお願いする。
チャチャは、先生の前ではイイカッコしたいのか(初めて先生に会った日もそうだった)
それまで一人で食べようとしなかったのに、なんと美味しそうに食べて見せたのよね。。。
また、こんな時の うん子は、なんで正常なんだ? もう、チャチャたら・・・

手術をして下さった先生は、麻酔は6時間ほどで解毒されるし
多すぎて脳に障害が残ったというようなことではないと断言。
手術前から術後、この場に至っても、ひたすら大丈夫の一点張りなのだ。
繊細なチャチャにとってはショックが大きくトラウマが残っているのではないかと。
確かにそうかもしれない。
それにしても、チャチャの様子は、どう見ても普通ではなく記憶が飛んでいるし
脳に問題が出ているのでは?と思わずにはいられなかった。
ただ、食べてさえくれれば、食べてさえくれれば・・・
そこでブログで出逢い、9月末には白浜まで会いに行ったこともある
信頼できる かっぱ先生に電話、相談することに。
手術の前にも、草食動物は麻酔の量が難しいと聞いていて
でも経験のある先生なら大丈夫でしょうということで、私も病院の先生を信じてお任せしていたけど・・
チャチャの動画も見てもらってのこと
直感的に「脳の麻痺」と感じたままを伝えて下さった。
右後ろ足に力が入っていない。歩き方、膝が外側に向いている。
痛みがあれば足を引きづるようにして歩くが、しっかり歩いてはいるが押し出す力がない。
しびれているか、麻痺している可能性あり。
opeの時、酸素不足だったのではないか? 麻酔が解毒できていないのではないか?
しかし もし、脳細胞が死んでいたとしても食べるなら回復。
動物の回復は早いから、一ヶ月ほどで脳細胞は再生できる可能性はある。
家族の不安な気持ちは、チャチャにとって病気にならないといけないと思ってしまうから
なんとでもなると落ち着く方が良い。人が神経質になるとダメ。
チャチャには生きる力があるから動物の生命力にかけるように
と励まして下さいました。
ほとんど食べない状態だったので、ポカリを勧められ
一日で500mlを飲み切り 良くなっていると感じたら翌日は250ml
3日後、回復していたらその半分の125mlを。
良くなっている目安は、頭を持ち上げるのがいつもより早いか?しっかり頭を上げているか?
悪くなる場合、グルグル回る回数が多くなったり片目だけ瞳孔が開く、頻繁に舌をベロベロする。
チャチャは模索しながら頑張っているから
良くなっているという想いでいるようにとアドバイス頂きました。
動物飼育技師の資格もお持ちで草食動物の飼育に携わるお仕事に従事された経験あり
現在は複数のヤギとの暮らしを楽しんでいらっしゃり
人、そして動物の施術・ヒーリングもされていらっしゃる方なので
巡り逢えていたことによって、今回どれだけ救われたかしれません。本当に感謝です。

11/23(日) 手術から5日目
この日、ひよりが発情。
朝の体温37.4度  薬とポカリを飲ませる。
食べない時もクチャクチャと音を出したり歯ぎしりのような音も。
口に運んでやると、少しだけ食べては休み、量は増えず反芻もしない
おかしくなった21日以降、初めて座ろうしたけど、痛みがあるのか途中で断念。
cyacya141223-1
この日、初めて尻尾が上がる。これは元気のバロメーターでもあった。
しかし、左目からは涙が・・・
日課だった朝陽を浴びることは忘れていない。
食べなくても太陽からネネルギーを得ているんだよね。
動くけど、ぶつかる。目が見えていない? 歯ぎしり、グルグル回るを繰り返す。
チャチャは頭が混乱している中ででも、自分で なんとかしようとしていたのだろう。
cyacya141223-2
一本のチモシーすら、なかなか食べることができなかったチャチャ。
しかも上を向いてでしか食べることができなかった。

11/24(月) 手術から6日目
たとえ少しづつでも・・と夜中も弟と交代で付添いチモシーを食べさせる。
午前1時半頃から反芻始まる。
動きも活発になり跳ねることもできるように。
手術による傷の痛みがなくなったのだろうか?
明け方、眠りながら反芻。
午前6時。食べさせようとしたが歯でストップ。どうやら反芻したいようだった。
家の中の囲いの中で頭をドンとぶつけたあと、ジッとして動かない。
そっとしてほしいのかな? あまりに人が付き添うのも良くないんだよね・・・
舌をベロベロ動かしたり、歯ぎしりしたり、ジッとしているかと思ったら急にクルクルし始めたり。
尻尾は上がったり下がったり。(通常、元気だった頃は尻尾は上がったまま)
窓越しではあるけど、朝陽を浴びる時間を大切にしているチャチャ。
これは手術前の元気だった頃の習慣のまま。
8時、別荘の方まで走ることができた。足は前日よりもしっかりし、飛び跳ねることもできた。
痛みがなくなったからか、この日から動きが活発になった。
障害物があっても、自分で越えて前に進めるように。
押す力も強くなり角を持つと元気な時のチャチャのようにグングン押してくる。
目は良く見えてないようだが、相変わらず音には敏感で、些細な音にもビビる。
夕方、数珠繋ぎ便に。
動きは活発になったとは言え、まだ不自然な動きであり涙目であった。
cyacya141124-12

部屋から続くウッドデッキに弟が新しい小屋を作り移動したものの
新しい環境に馴染めないのか、小屋の中でグルグル走り回り激しく頭突きを繰り返す。
何度か弟が入って落ち着かせる。

11/25(火) 手術から7日目
不調になってからは5日目のこの日、やっと座ることができた。
夜中は落ち着きがなくバタバタしていることが多かったが朝方にはいつも落ち着く。
食べることがほとんどできていないので体温が低く36度台に。
湯たんぽを入れ始める。
水分だけなので、便がドロドロ。
昼間、雨が降っているにもかかわらず自分から外に出たがったのでリードをつけて散歩。
歩き回るのだが、目が見えていないのでぶつかってばかり。
それでも光の方に向かって歩こうとしているのがわかる。
午後、食べさせてやるとオーツヘイ、アルファルファを少し、その後、反芻。
これだけでも進歩だった。夜は静か。

この日、かっぱ先生からのアドバイス
今、あえて繊維質の多い葉 樫類やヤマモモなどの葉っぱを食べさせると良い。
これは、不調な時のヤギから学んだことなのだと・・・
土の付いた草も細菌を増やしてくれるので良い。
チャチャは、元々下顎が小さく噛み合わせが良くないので
奥歯に食べ物を送り込むのが苦手で食べるのが遅い。そして食べているうち疲れてしまうのかも。
するどい解析でした!
耳の周りの筋肉が硬いと顎が動きづらいのでマッサージをしてあげると良い。
上を向いて食べるなら木の葉っぱを上から吊るし、自分で引きちぎって食べるようにしてあげると良い。
頚椎に問題ありそうで回復に時間がかかる。
あまりに食べない場合は、1日100mlほどのポカリを。飲ませ過ぎは毒。

術後一週間で運動能力は回復の兆しを見せたものの
この後も、ほとんど食べない日が続きました。


長文、最後までお読み下さり ありがとうございます♡

毎日がチャチャ中心になり介護の日々でしたが
チャチャ自身の努力があってこそ今日を迎えています。
こんなこともできるようになりました。
こんなこと、できて当り前だと思われるかもしれませんが
弱ってしまっていたチャチャのことを振り返ってみると、こうしたすべてが有り難いと嬉しくなります。

cyacya141221-1 cyacya141221-2

 術後おそらく20kgを下回っていたと思われる体重
今日の測定では手術前の24kgより少し増えた24.5kgに
ちなみに、こはるは30.2kg ひよりが29kgでした。

モリモリ食べられるようになったチャチャ
ピグミー系のヤギなので小型なのかもしれませんが
この調子で体重が もうちょっと増えていくといいね〜
cyacya141221-3


26日以降の記録
明日、また続きを・・・

2つのランキングに参加中です


ペット(山羊) ブログランキングへ



応援クリック&コメント、とても励みになっております
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真
ジャンル:写真

コメント

No title

こんばんわぁ。
もう。涙。涙ですね・・・・。
チャチャ。
本当によく頑張ったね。
偉かったね。
すっごく強いね。

チャチャは立派な男気を持った
かっこいいヤギちゃんだね。

チャチャからいっぱい
パワーを貰いました❤

それがね

震えながらこの記事を読み進めてたら、「こんばんわーー!」って誰かが
叫んでる。
「あの~、ヤギが道路にいますけど…」
なんと、3匹が道路の脇で葉っぱ食べてました。
寒さと恐怖で更に震えましたとさ!

No title

チャチャさん、辛かったね。
目がいっちゃってるわー
よく回復させましたね。

himekichiさま

コメントありがとうございます♡
こうして日々ノートに記録していたことをブログにまとめてみて
私自身も振り返り、チャチャが耐えてきたこと、頑張ったことにウルウルしていました。
覚悟を決めなければならないのかと辛くなったこともあったけど
私が諦めちゃ、そこまでだ・・・ってチャチャの生命力を信じました。
もう元気になり過ぎて、角で押してくる力に危ないほどになりましたよ〜汗

あっちゃんさま

読んで下さり、ありがとうございます!!

> 震えながらこの記事を読み進めてたら、「こんばんわーー!」って誰かが
> 叫んでる。

なんとなんと!!大笑

> 「あの~、ヤギが道路にいますけど…」
> なんと、3匹が道路の脇で葉っぱ食べてました。

それ、脱走したのですか〜???
親子そろって、みんな??

> 寒さと恐怖で更に震えましたとさ!

ヤギ飼いさんって、いつ何が起こるかわかんなくて
痩せるどころか、寿命縮まりますよね〜〜〜汗
お互い、気をつけましょうね〜〜〜

ゆきははさま

ありがとうございます!!

> チャチャさん、辛かったね。

よく耐えて、本当にここまで回復して
チャチャ、すごいでしょ〜

> 目がいっちゃってるわー

そうなの。写真撮るのも胸が痛むほどでしたよ。。。
元気になった今だからこそ、あえて当時の顏をupしました。

> よく回復させましたね。

チャチャには何の罪もないのに、こんなことにしてしまって・・・と
辛かったのですが、本当にここまで元気になってくれて感激です。
動物の回復力って、凄いですね。
見守って下さり、本当にありがとうございます。
それにしても、ずっと一緒に寝れるぐらい穏やかになるのかと思ったら
そうはいきませんでしたよ〜苦笑
角で押してくるので、下手したらまたアザできますね〜
非公開コメント