09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

淡路島のハイジ

Author:淡路島のハイジ
幸せとは
ココロの中で日々感じるもの・・・

コンパニオンアニマルである
ヤギとの暮らしを楽しんでいます。

チャチャ 去勢♂ 2012.11.19生
こはる  ♀   2013.1.24生
ひより  ♀   2013.1.24生

双子ちゃんのニックネーム
「こはるん&ひよりん」
お世話係 ペーター 
(旧・人間ゆきちゃん ハイジの弟)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


himekichi日記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

術後のまとめ その3 (11/26~11/30)と今日の様子

2014.12.22 23:59|チャチャ(茶々)♂
本日も御訪問ありがとうございます

昨日から今朝にかけてデジカメがないと探していたら、なんと外に置いたままだったとは
夜中、雪も降っていたようなのに、なんてドジな私

昨日のチャチャと、こはる&ひよりです。
cyacya141222-3

koharuhiyori141221-1

ここからは、術後のまとめです。

11/26(水) 手術から8日目
夜中、時折動くが、案外おとなしく しばらくすると座る。
朝は食べたがらず、ひたすら反芻
ほとんど食べていないというのに、反芻するものがあるのか?
それが果たして反芻なのか?

食べる量は、昨日より少ない。
便は団子状で柔らかい。前日のような下痢っぽいのはなくなった。
午前1回、午後に2回外に連れ出すが
あまり離れたところへは行きたがらず 何かを確認している感じ。
音には敏感に反応する。

まだ、首と体の位置関係がおかしいようだ。
cyacya141126-1

★夜、小屋の中に一緒に入っていて感じたこと。
今までだとフェンスに痒いところを擦りつけたり自分で口や足を使って掻いていたのが
今はできない苛立ちなのではないか?
ドタバタ小屋内を走り回るのもイライラしているよう。
ブラッシングをしてあげる。
3本足になり、片足で脇を掻くのはできるようになったのは進歩

11/27(木) 手術から9日目
前夜、あまり座らず立ってウロウロ。朝の気温は低めで、湯たんぽを入れてやる。
cyacya141127-1

便は柔らか便で形なし。
夕方、こはる&ひよりと一緒にしてみるが チャチャはまるで興味なし。

yagi141128-1

ひよりが、なんとチャチャに頭突きをする。
暗くなりかけの頃、ガレージ内を散歩。
何回か繰り返し同じところを歩きながら記憶を辿り覚えようとしているのかもしれない。
ぶつかることが少なくなった。

この日の夜も、かっぱ先生に相談。
体がガクッガクッとするのは→寒いのだろう。
今、最低でも1日乾燥牧草なら300gと目安を聞いていたけど
(通常なら体重の3%とヤギ飼いの本にはあるのでチャチャが20kgとしても600g、冬場は増量)
とてもとても・・・1日100gすらも食べていないのだから
これで、よく生きていられるなという感じさえする。
首を鶏のようにピクっとさせながら歩く→上半身で動こうとしている。
手術してもらった病院に連絡して点滴を打ってもらうよう勧められる。
あまりにも食べない日が続くので
大丈夫とは言えない状況になってきたってことなのでした。

外の小屋の中はウッドデッキの上でカーポートのような屋根はあるけど
小屋自体には屋根はつけていない。

cyacya1141126-2

一緒に入って感じるに、落ち着かないし夜が更けてくるにつれ
やはり私でも寒いのだ。
チャチャをひとり、放っておけなくて一緒に寝ると言ったら
かっぱ先生も心配して下さったので弟と母を呼び
深夜家の中に入れる準備
テラコッタ敷きのサンルームに毛布と肌布団を敷いて・・・

11/28(金) 手術から10日目
夜中、チャチャは ずっと座って おとなしく
私はその傍らで寝ころんでいた。
なんて穏やかな時間だったのだろう。
どこでだって寝ようと思えば寝れる。
それは、水害に遭った際、段ボールを敷いて寝た体験を持つ私の強みである。

チャチャは反芻を繰り返すが、食べ物が口に戻ってきていないようにもみえる。
朝一で、動物病院の先生に電話
この日、計った体重は、なんと20.8kgまで減っていた。
手術前に計ってもらった24kgから、3kg以上も減っていたのだ。
お尻からの体温計を嫌がり、きっちりとは計れていないのだが36℃台の可能性。
午前10時半、太陽に当たり始めると37.8℃まで上がる。
ヤギの標準体温に近くなるとホッとする。
家の中用の小屋を弟が作ってくれている間、外の日向でチャチャに付きっきり。
とにかく音に敏感で、一瞬にしてチーターのように飛んで移動したのにはビックリ。

この日、小屋内に初めてを敷く。

調達してくれたパートナーと提供して下さった方には本当に感謝。
藁の居心地は抜群だね、チャチャ?

夕方、刈ってきたイタリアンライグラスに食いつくチャチャ。

cyacya141127-2

乾燥チモシーより青草が食べたかったんだよね?

すっかり暗くなった19時 点滴をお願いすべく獣医さん到着。
この日は比較的暖かだったけど、屋外で口にロープで猿ぐつわして
2時間も3時間も抱きかかえ押さえ込んだままで、
しかも首から点滴って、そんなことできますか?
始めたものの、家族だけに任されて忙しい先生は帰っちゃう。
液はちゃんと落ちてこないし、チャチャは動きたがるし・・・
10分もしない内に先生から電話。
あの状態での点滴はチャチャの場合
余計にストレスになるかもしれないので外して下さいと。。。。
言われなくても外していたけど
チャチャには、あれこれと負担をかけるばかりで申し訳ない気持ちでいっぱいに・・・
結局、何ccも入ってないですよ。

この夜、外の小屋で大人しく休んでいたチャチャですが
午前3時頃からの風の音に動揺して暴れ始め家の中に。
場所が変わる度、パニックになるのも無理はないよね・・・


11/29(土) 手術から11日目
獣医さんからは、質の良いチモシーと圧ぺんトウモロコシを勧められたけど
チャチャが欲しいのは乾いたものではなさそうだ。
奥歯に送り込むことも嚥下することも、今のチャチャには困難なのだから。
もうこうなったら
好きなものを食べさせないと死んでしまうと判断。
そして、食べてもいいような胃の準備をしてあげなくちゃいけないのだ。
チャチャは自分の第一胃の状態を知っていたから、食べるのを拒否しているのかもしれないと感じた。
処方された薬では改善できていないのかもしれない・・・

自然派の私は、かっぱ先生のアドバイスの通り
樫の葉とヤマモモの葉を届けてもらえそうな人を当たってみた。
お昼頃、こはる&ひよりの実家でもあるK様が樫の葉を持って来て下さる。
cyacya141129-1

数枚、食べてくれたチャチャにK様と共に感動したよ。

ori-bu141129-1

それからは、チャチャの好きなオリーブの葉を。そしてケヤキ。葛、そしてまた樫の葉と・・・
好きな食べ物でパワーが出て来たのか?
外に連れ出したら、いきなり走り出すチャチャ。
そのスピードに付いていくのが大変なくらいで、ぬかるんでいた草地で私が滑ってしまった
が、こんなことすら嬉しいほど運動神経は確実に戻っている。
障害物にも平気になった。
薄暗くなった頃、ヤマモモの葉を枝ごと持って来て下さったT様。
無農薬無化学肥料で、お米を作ってらっしゃる頼りになる方だ。
こはる&ひよりと対面させたチャチャ、二人に頭突きされるが無抵抗(苦笑)
元の自分のエリアにいれると、寝床の方に入りリラックスしている様子。
この頃から、後ろ足を伸ばすストレッチをよくするようになった。

11/30(日) 手術から12日目
大体、午前3時頃に動きが始まることが多い。
家の中の新しい小屋の中では、慣れていないせいか1畳分ほどのスペース内をバタバタ回るのだけど
私の「大丈夫♪落ち着いて〜」の言葉に動きがピタッと止まる。
まず、自分が落ち着くのが一番なのだと、本当によくわかってきた。
ビビって動く度に声かけし、首を撫でる。小屋の外からでOK。
こうして明け方になるまで、私も隣の部屋で起きたり寝たりを繰り返す。
朝方、弟がチャチャの耳下のマッサージを始める。
食べる前にほぐしてあげると、7時には
オリーブの枝1本 スズメノエンドウやイタリアンライグラスなど青草少々

kusa141129-1

樫の葉2枚、ヤマモモの葉を数枚(初めて)
しかし、量的には、ほんとにこの程度。とてもお腹が大きくなるような量じゃない。
食べるのをやめて朝陽に当たりながら、落ち着いて反芻を始める。
8時 再び、ハコベやスズメノエンドウ ヤマモモ、樫の葉
10時半 外に連れ出し少しづつ好きなものを食べさせる。
土のついた草(カタバミや父子草など)も細菌を増やしてくれると信じて。
チャチャも常から大好きな草だしね〜
午後になり、こはる&ひよりのエリアで過ごさせていると
なんとトイレに立って、御褒美を待っていたチャチャ

cyacya141130-11

こうして、普段の場所で過ごす時間を増やしていく度、ひとつずつ思い出していく。
飛んでしまっていた記憶が徐々に戻ってきて 同時にチャチャらしさも見えてきたんだよね

本日のチャチャ

cyacya141222-2

冷たい風が吹いているけど、元気です
角で足に近づいて押して来るので、うかつに近寄れなくなりました
短期間で体重が戻ったのは、乾燥牧草に大好きなフスマをふりかけみたいにしているからかな〜

ここんとこ食べるスピードも速くなりました。
チャチャが歯ぎしりともいえるようなガリガリした音を始終出していたのは
自分で不具合のあった顎を調整していたのではないかしら?
一人で食べられるようになった頃から、下顎が後退していたのが上下のラインが揃ってきたようなんです。
マッサージと自分の本能的な努力の甲斐あって、噛み合わせが上手くいくようになったのね
クチャクチャ反芻のように噛んでからじゃないと喉を通らなかったのも
もう普通のヤギの、とりあえず早くお腹の中に入れなくちゃ〜〜〜って食べっぷりになりました。

本能での行動は、動物ならでは

調子が悪くても食べないといけないとか、食べたら元気になると思い込んでいる人間と違って
食べても良いタイミングというのを、しっかりわかっているんですね。

12月からの様子は、毎日ブログで記していましたが
術後から11月末までの3回に分けての記録を読んで頂き、ありがとうございます。
かなり危ない状況を乗り越えて、回復してきたチャチャ。
見守って下さった方々、本当に感謝しております。

2つのランキングに参加中です


ペット(山羊) ブログランキングへ



応援クリック&コメント、とても励みになっております
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真
ジャンル:写真

コメント

よかった! よかったよ~

なんかわが子の成長記録見てる感じよ どきどき・ハラハラ・涙 

hidekoさま

御心配頂き、見守っていてくれて ありがとうね〜
元気になったからこそ、これまでの様子をupできましたが
当時の動画見ても、まるで別人・・・
よく、ここまで元気になってくれたものです。
もう私が怪我しそうなくらい、角を使って押してきますよ〜汗
一緒に寝た日が懐かしいわ〜笑

No title

死にそうなくらい心配した時が、懐かしいとさえ思える日が近くなりましたね。

良かったです。

元気になられてほんと良かったです。
周りの方々の支えも大きな力になり、良い環境に自然治癒力も上がりますね。
チャチャ君、ハイジさん、ほんとにお疲れ様でした。

No title

こんにちわぁ。
私も3番目の子が入院し
点滴をして頭を冷やしていても40℃以上
続いていた日々の想いは今でも忘れられません。
本当に寝ても立ってもいられなくって
こちらも寝不足だなんて全然言ってられなくって
ただただ祈る日々でした。

自分で体を起こして吸入している姿でさえ
感動して・・・・。
動くことが大好きなのに全く動けなかった数日間。
歩いた時は本当に感動しました。

そんな記憶が
チャチャの11月の日記を読んですごく被りました。

本当に元気になってよかったですね^^
一緒に寝られることはちょっぴり恋しいような?(笑)

私もここ数年
病気の時は
無理に食べさせない。
食べたいものを食べたいだけにしています^^
勿論。
水分は気を付けますけどねぇ~。
これもハイジさんから学んだことです~♪


ゆきははさま

コメントありがとうございます♡

> 死にそうなくらい心配した時が、懐かしいとさえ思える日が近くなりましたね。

そう・・ 長いようで短い介護期間だったような
あっと言う間に、また角でやられそうで 困っております。。。
あの、べったり寄り添っていたのは夢だったのか?と思うほど
チャチャのヤンチャぶり 復活ですよ〜

スーさま

御無沙汰しております。
コメントとても嬉しいです♡
お正月、迎えられないのでは・・と落ち込みそうな日もありましたが
見事復活し、また角でアザができそうな予感も

そちらは雪で真っ白ですね〜
それでも、みんな元気そうで逞しいなぁと感動しています。
突然の悲報の記事があった時、言葉を残せずそのままになってしまっていましたが
密かに覗いておりました。
これからも、よろしくお願いいたします!
ありがとうございます!!

himekichiさま

コメントありがとうございます♡

お子様の入院の時は、ほんとに心配だったことでしょう。
元気でいるのが当り前と思っていても
調子が悪くなってはじめて、普段の健康な姿が有り難いな〜と感じることができるんですよね。
そうやって大事なことに気がつくようにで体験させてもらっているのかもしれません。

> そんな記憶が
> チャチャの11月の日記を読んですごく被りました。

3人の子育てと、こちらはヤギですが3頭
どちらからともなく、被るところ学べることがありますね〜

> 本当に元気になってよかったですね^^
> 一緒に寝られることはちょっぴり恋しいような?(笑)

あんなふうにチャチャと寝ることができたなんて
こんなことがなかったら、ありえなかったことです。
そう考えると、とても貴重な体験をさせてもらえたなぁ。

> 私もここ数年
> 病気の時は
> 無理に食べさせない。
> 食べたいものを食べたいだけにしています^^

食べるということは、とてもエネルギーのいることで
調子の悪い時は、食べないようにして、治癒力を高めているんですよね〜
人は、とかく食べないと元気になれないと思い込んでいるようですが
私「食べない人たち」という不食の人の本も読んでいたので
実際に気のエネルギーだけで生きていらえる人達を知ると
ヤギだって、食べない日が続いても太陽の光をジッと浴びているチャチャは、タダモノではなく
もしかしたら、乗り越えられるのかもしれないと信じることにしたんです。
そして、通常、ヤギの平均睡眠時間は一日3時間と言われるのに
チャチャは外に出たがらなかった4日間、眠り過ぎじゃない?息してる?
と、心配でしたが、眠ることにより、あの期間に蓄えていたようですし
動物は、ほんとに偉いと感じました。
ヤギのイビキや寝息を聞くことができたのも、側にいてこそ体験できたこと。
チャチャにとったら、突然わけのわからないことしたなって戸惑いばかりだったかもしれないですが
振り返ってみると、無駄なことって、何もないって。
チャチャから学べるように私の人生のストーリーはできていたのかもね〜
ブログのおかげで、たくさんの方にも支えられ、本当に有り難いです。

非公開コメント