05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

淡路島のハイジ

Author:淡路島のハイジ
幸せとは
ココロの中で日々感じるもの・・・

コンパニオンアニマルである
ヤギとの暮らしを楽しんでいます。

チャチャ 去勢♂ 2012.11.19生
こはる  ♀   2013.1.24生
ひより  ♀   2013.1.24生

双子ちゃんのニックネーム
「こはるん&ひよりん」
お世話係 ペーター 
(旧・人間ゆきちゃん ハイジの弟)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


himekichi日記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

チャチャと おでかけ

2015.07.03 23:48|チャチャ(茶々)♂


昨日は、弟ゆきちゃんとチャチャを連れて白浜へ行って参りました。

cyacya150702-1

だから、一日チャチャと一緒にいたのですよね
休憩時間も入れて片道4時間ほど

道中の車の中でも、向こうに着いてからも、帰ってくる時も
ほぼ立ったまま起きていたので、今日は眠かったのでしょう。

yagi150703-1

朝の反芻後 脱力状態で、足落っこちそう。。。

yagi150703-3

午後

cyacya150703-4

yagi150703-2

yagi150703-4

も〜〜〜 ひよりは、なんで昼間にこれだけ爆睡できるの???
死んでるのかと思うよ〜〜〜

これだけ寝てるから
だから、朝一番で鳴いて起こしてくれるのね〜〜

追記(7/4)
間違っていました〜
上の画像 首を伸ばして寝ているのは「こはる」でした。

今月15日の朝チャチャの右顎の膨らみに気がついて・・・

原因もわららず 大きくなるにつれ、心配になって
二軒の獣医さんに診てもらった結果

骨肉腫の可能性もありとのことで
緊急を要すると言われましたが
今が元気なだけに、納得いなかいこともあり

大型草食動物の飼育のお仕事の経験もあり
ヤギでは、チャチャと同じピグミーのことも良く知っていらっしゃって
現在雄雌合わせ9頭のヤギ飼い
過去二回お会いしている白浜のかっぱ先生の所を訪ねて来ました。

cyacya150703-2

cyacya150703-3

人はもちろんのこと、ワンコにも手技や呼吸法を使ったヒーリングをされていて
実際チャチャを連れて行けたので、今まで以上にわかってきたことが沢山ありました。

潜在睾丸の摘出手術をした後、目も見えなくなったみたいで何にも食べなくなっていた頃も
ずっと相談に乗って頂いて
今回も、直接チャチャを連れて行って本当に良かったです。

病院で全身麻酔しての検査や、顎を取ってしまうような大手術は避けたいと
少しでも早くという気持ちで、昨日朝から白浜まで

cyacya150702-2

片道1時間弱しか車の移動の経験のないチャチャでしたが
車酔いもなく、何ら問題なくヤギ広場に到着できてホッ。

前回訪問した時は、子ヤギが8頭もいて賑やかだったけど
それぞれ新しい飼い主様の所に巣立ったあとで大人のヤギさんばかり

チャチャ、みんなから「あんた誰?」って注目されましたよ〜

ここのヤギさんは、みんなおっとりしていて 懐いてくれるから可愛いんです。


かっぱ先生は、優しく無理なくチャチャのココロに寄り添い、声かけしながら
時間をかけて丁寧に顎から頚椎、背骨、脇の下、手術のあとの睾丸も診て下さり
現状と今後のアドバイスを・・・ 本当に有り難いです。



今日は、白浜に行く前より元気があって
顎が膨れてさえいなかったら、ほんとに普通のチャチャなんです。

ただ、もともと噛み合わせが良くない上に
デキモノのため、食べるのがスムーズじゃないので
今までみたいには量も食べられないですけど・・・

でも、茶目っ気たっぷりだし、チャチャらしいとこいっぱい見せてくれています


昨日、向こうのヤギさんの中では、
繋がれていなかったゆきちゃんが、真っ先に駆けつけてくれましたよ〜

cyacya150702-5

このシーン、感動ですね〜
ちょっと、こはると似ている美人さんなんですよね〜


↓は本日の こはるさん

koharu150703-1



チャチャの顎にできたコブのようなものは
確かに腫瘍の可能性も高いと・・・

そして、想像していた以上に顎以外の体の歪みもあって
頚椎のズレが酷く、これは元からではなく物理的な力がかかっって傷めた可能性が高いということで
潜在睾丸摘出手術の首の位置が悪かったからではないかと・・・
麻酔の量が多過ぎたこともあり、心臓が止まりかけたとも聞いており
術後、脳にも障害が残ったような症状が続いていたのですが
あの時は、チャチャの自然治癒力を信じて かっぱ先生のアドバイスのもと
獣医さんとは反対のこともしながら、介護の日々を送りました。

全く食べなくなり、やせ細った期間を経て
見事、一ヶ月ほどで復帰したので
今回の突然のことには、何が何だかわからない状態で戸惑いましたが


もし、腫瘍だったとしても ちゃんと できることをしていこう
「この子にとっての、良いできる」 ということを って かっぱ先生もおっしゃって下さり

今は、何も悲観的になっていないんです。
施術とヒーリングで、実際その場で変化もみられたし

場にも馴染んで笑わせてもくれたしね〜チャチャ


きっと これは、大切な何かの気づきを与えてくれている出来事なのだと感じています。


白浜でのチャチャの様子
長くなってしまいそうなので また続きは後日・・・


本日も御訪問ありがとうございます♡

2つのランキングに参加中です。





ペット(山羊) ブログランキングへ




応援クリック&コメント、とても励みになっております。



スポンサーサイト

テーマ:動物の写真
ジャンル:写真

コメント

非公開コメント