09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

淡路島のハイジ

Author:淡路島のハイジ
幸せとは
ココロの中で日々感じるもの・・・

コンパニオンアニマルである
ヤギとの暮らしを楽しんでいます。

チャチャ 去勢♂ 2012.11.19生
こはる  ♀   2013.1.24生
ひより  ♀   2013.1.24生

双子ちゃんのニックネーム
「こはるん&ひよりん」
お世話係 ペーター 
(旧・人間ゆきちゃん ハイジの弟)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


himekichi日記

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日々の幸せ〜ヤギンコと共に〜

2013.09.14 23:38|日々の様子
koharuhiyori130914-0

凛とした こはるさん。

チャチャには、また思わせぶりな態度を示しているようです。

ひよりちゃんと、軽い頭突きを何度か・・・

koharuhiyori130914-6


koharuhiyori130914-12

チャチャ、気になるようです。。。

koharuhiyori130914-13


ボクも、そっちに行きたいメェ〜〜〜〜〜

koharuhiyori130914-14

明日のお天気はどうかなぁ。
休みの日は、一日外にいたいほど・・・
菜園にて作業する傍らで、草を食べてくれているって
最高に幸せ

何かとスピードが求められ、スケジュールいっぱいで
子供までが忙しく過ごしている今の世の中・・・

ヤギを見に来て下さる方の中には
「優雅ですね」と表現される人も多い。

有難いことに先祖からの土地があった。

私たち家族はお金儲けも下手だし
贅沢を好んではいないし

高価なものを買うわけでなく
外食を楽しみたいわけでなく
旅行に行きたいわけでもなく

お金を使わずして、あるものを活かしながら
こころ豊かに暮らすという
そういう満たされた日々を選択しているってことなのだろうな・・・

ヤギとの暮らしは、朝から汗流して動いている時間も多いのだけど

「優雅ですね」とおっしゃる方の言葉の中に

「ゆったりと流れる時間」を感じ取ってもらえているなら、それもいい。

ヤギの表情は、おだやかで、吠えることもなく

ご近所の子供たちも見に来てくれたとき

「ヤギって何を食べるか知ってる?」から始まって

チャチャたちに草を食べさせてやってもらって

喜んでいる顔を見るのは、とても嬉しい。



「早く、早く」と親に急かされて育っているであろう時代だからこそ

その子たちが大人になったとき

「家の近くにヤギがいてね・・・」って、思い出してもらえるような経験をしてもらいたいと思うのです。

ランキングに参加しています♪
ヤギと、ヤギの御家族と、ヤギを愛する方達と繋がりたくて♡



ペット(山羊) ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:動物の写真
ジャンル:写真

コメント

No title

本当にそうですね。
通学路に面した我が家では、学校帰りの子供の中には
「オバサンひまだね~」って言ってた子もいました。
やぎの世話をすることが、ひま・・・?
なんて心貧しいというか・・・
どんな大人になっていくんだろう・・・
そこの家族は、老犬の介護が大変だからって、安楽死させ
新しい犬を飼い始めたんです。
なんか、悲しいです。
でも、殆んどの人が「やぎさん居た~。うさぎさん見えた~」って
いい笑顔になって帰って行きます。
カバンを置いて、また見に来る子も・・・
ウォーキングのルートを変更した人もいます。
やぎって、珍しいだけでなく、人をひきつける魅力があるんでしょうね。

ゆきははさま

コメント嬉しいです♡

> 通学路に面した我が家では、学校帰りの子供の中には
> 「オバサンひまだね~」って言ってた子もいました。

ナヌ?
ゆきははさまに向かって「オバサン」だと? 失礼な!
「ひまだね〜」って。。。。
なんちゅうガキ!いや、お子様。。。

> やぎの世話をすることが、ひま・・・?
> なんて心貧しいというか・・・
> どんな大人になっていくんだろう・・・

同感です。
小さい頃から競争社会に入れられて、自然からどんどん遠ざかり命と向き合わずに育っていく・・
本来子供の時に体験しておくことがないままに成長してしまうことに怖さを感じます。
「優雅ですね」と言う人の中にも「時間あっていいね」ってことも含んでるのかなと思うんですが
ひまだからって、できることでもないですしねぇ〜
「うちにも草刈りに貸してもらいたいわ」とか言われる方もあるけど
道具ではないんだから、簡単に言われても、それもね。。。
お乳ならまだしも、食べれるんですか?とくると
人間って自分たちの食糧のために動物が存在してるって勘違いしていません?って言いたくなります。。。
動物や植物は必要以上のものを求めていないものね。
ま、ヤギは食いしん坊ではあるけど、お金のかかるものを求めてはいないし。

> そこの家族は、老犬の介護が大変だからって、安楽死させ
> 新しい犬を飼い始めたんです。
> なんか、悲しいです。

「命」を何だと思ってらっしゃるのでしょうね。。。
お子様は親のすることを見て育っているのに
要らなくなったから、面倒だから・・・って選択をしてしまうと
それが当り前のように身についてしまいますよね。
最後まで責任を持つというのが動物と暮らしていく中で学べることでもあるのに
もったいないし、悲しいことです。

> でも、殆んどの人が「やぎさん居た~。うさぎさん見えた~」って
> いい笑顔になって帰って行きます。
> カバンを置いて、また見に来る子も・・・

うんうん、そういう笑顔が私も見たくて♪
ゆきははさまのところでも、そういう子供たちが集まって来てるのかと思うと
すっごく嬉しいです!!!

チャチャの元飼い主の獣医さんからも
ヤギと触れ合う場を作ってほしいと言われていましたし、私もそのつもりだったんです。
犬や猫では叶わない部分の伝えていきたいことがヤギにはあるから
日本では家畜としても、ウシやブタや鶏に押されて、存在自体が少なくなったヤギですが
昔から、どれだけヤギが人の助けになってきたかを知ると、
やはりヤギならではの魅力を知ってもらいたくなるんです。
アレルギーの子供たちが増えていて、
それが当り前になっている時代だからこそ知ってほしいことが。

> ウォーキングのルートを変更した人もいます。

うれしいですね〜

> やぎって、珍しいだけでなく、人をひきつける魅力があるんでしょうね。

被災地でも、ヤギが慰問に訪れてお年寄りにも喜ばれていたり
年齢に関わらず、好かれますよね。
牙を向けない草食動物ならではの温和さと、
大きさ的にも人と目線を合わせられる、本当は何よりも人と身近に暮らせる動物なのではないでしょうか・・・
粗食草食、ヤギは環境にも優しく、人と共存、伴侶として暮らせる生き物
魅力は尽きないです。
ゆきははさまとの御縁も、ヤギのおかげですもの♡ とても、ありがたいです(*^^*)
これからも仲良くしてくださいね〜〜〜

No title

まさしく、我が家も小さくして忙しい日々を過ごし
これから競争社会を生きていかねばならないであろうという
子供がいますが・・・
色んな想いをもって、ヤギを飼おうと決めた自分自身
日々の忙しさに負け、そういう大切なこと吹っ飛んでます。

ただ6歳になった長男は、散歩中に自分から「ウンチ拾うよ。」
って言ってくれたり、少し変わってきたかもしれません。
優雅、という表現。
時間もお金も手間ひまも、人生で何をチョイスするのか、とか
全部ひっくるめて、淡路島のハイジさんとヤギたちとの生活を見て感じ出て来た
”ことば”ですね。
共感してもらえたんじゃないのでしょうか?
嬉しいですね。

よく散歩をしてると、走行中の自転車を停めジジのことを
じーーーっと眺めてくれる人がいます。
みんな家路を急いでたり、忙しいんだろうけど
嬉しそうな顔で眺めてくれると、私もちょっと幸せな気持ちになります。
ま、私は引っ込み思案なので話しかけられないと、黙ったままで話ませんが・・・。
でも、内心は嬉しいです。

一度だけ、ウンチを拾ってると背後から
「きったなーーー。」って子供に言われたことあります。(笑)
ある程度の学年の子だと思うので、それは悲しい気持ちになりましたね。
そう感じる子供もいるんだ・・・って。

いつも公園では、子供達が嬉しそうに寄ってきてくれます。
ジジが頭突きするのが怖くて、毎度ヒヤヒヤものです。
それでも、子供はジジの食べてる葉っぱと同じものを探して
持ってきたりしてくれ、可愛いですね。
「枯れ葉と青い葉っぱ、どっちが好きですか?」とか、ね。

色々価値観も違いますから、強要はできませんが、
飼ってない人でも、見て触ってあったかい気持ちになれたら
それはお互いに幸せなことですよね。

No title

私も子供にうんちしてる所をみられて、「きったねー」って言われた事ありますよー
「あんたのうんちより、なんぼか綺麗だぞー」って言ってやったよ。笑
何でか知りたかったら、またおいで!教えてあげる。ともね。
そのこ、挨拶はしても、もうきったねーとか言わなくなったよ^^v

ベティ子さま

こちらへもコメントありがとうございます♡

> まさしく、我が家も小さくして忙しい日々を過ごし
> これから競争社会を生きていかねばならないであろうという
> 子供がいますが・・・

何を選ぶかって、競争に生きていかない選択もありなんですけど
なかなかそうもいかないのが現実なんでしょうかねぇ。
私は競争を意識せず、自分の道を歩んできたからか
息子にも、途中から強要しなくなりました。

> 色んな想いをもって、ヤギを飼おうと決めた自分自身
> 日々の忙しさに負け、そういう大切なこと吹っ飛んでます。

いえいえ
ジジちゃんを連れてのお出かけには、いつも脱帽。
弟も毎度感心しています。

> ただ6歳になった長男は、散歩中に自分から「ウンチ拾うよ。」
> って言ってくれたり、少し変わってきたかもしれません。

長男くん、たのもしい〜〜〜
ベティ子様のお子様達の逞しさにも、ちょっとマネできないものがあり
どうしたら、小さいうちから自然の中のハードなお出かけができるようになったのか
興味津々でした。

> 優雅、という表現。
> 時間もお金も手間ひまも、人生で何をチョイスするのか、とか
> 全部ひっくるめて、淡路島のハイジさんとヤギたちとの生活を見て感じ出て来た
> ”ことば”ですね。
> 共感してもらえたんじゃないのでしょうか?

ありがとうございます!!
なんて嬉しいお言葉!!!
私、自分で変人と認めることによって生きやすくなったというか
世間とか周りがなんであっても、自分の感じるままに自然とやってる感じなのが
どうも、それが不思議にうつるようなんですが
全部ひっくるめて楽しんでいる自分がいます♪

> よく散歩をしてると、走行中の自転車を停めジジのことを
> じーーーっと眺めてくれる人がいます。

そうでしょうねぇ〜〜〜〜〜
ジジちゃんのお散歩で、どれだけの方が注目しているんだろうって
それは想像がつきます♪

> みんな家路を急いでたり、忙しいんだろうけど
> 嬉しそうな顔で眺めてくれると、私もちょっと幸せな気持ちになります。

うんうん。ジジちゃんもベティ子さまも
そういう空間の中で大事な役割を果たしてらっしゃるんですよねぇ。

> ま、私は引っ込み思案なので話しかけられないと、黙ったままで話ませんが・・・。
> でも、内心は嬉しいです。

あら?そうなのですか?
今度お会いしたときは、たくさん話したいです。
前も、私からでしたっけ?

> 一度だけ、ウンチを拾ってると背後から
> 「きったなーーー。」って子供に言われたことあります。(笑)
> ある程度の学年の子だと思うので、それは悲しい気持ちになりましたね。

ヤギのウンチを知らないなぁ〜〜笑

> そう感じる子供もいるんだ・・・って。

私なら説明します(笑)

> いつも公園では、子供達が嬉しそうに寄ってきてくれます。

アイドル的存在でしょうね〜
ヤギだと思ってなかったかもね?
こちらでも、最初、ヤギは白いものと思われていたみたいで。。。
私もそうだったし(苦笑)

> ジジが頭突きするのが怖くて、毎度ヒヤヒヤものです。
> それでも、子供はジジの食べてる葉っぱと同じものを探して
> 持ってきたりしてくれ、可愛いですね。
> 「枯れ葉と青い葉っぱ、どっちが好きですか?」とか、ね。

子供とヤギって目線が近いから親近感がわくのでしょうね。
質問まで?それは、たまらないですね〜〜〜〜

> 色々価値観も違いますから、強要はできませんが、
> 飼ってない人でも、見て触ってあったかい気持ちになれたら
> それはお互いに幸せなことですよね。

はい!同感です!!!

ゆきははさまへ

再び、ありがとうございま〜す♡

> 私も子供にうんちしてる所をみられて、「きったねー」って言われた事ありますよー

あちゃ〜〜〜ゆきははさままで言われましたか!?

> 「あんたのうんちより、なんぼか綺麗だぞー」って言ってやったよ。笑

そうそう
私なんて、言われる前に
うんちを手でうけ、指でつまんで、びっくりさせちゃってますよ〜〜笑
臭いもないし、なんでかってことも説明しちゃう♪

> 何でか知りたかったら、またおいで!教えてあげる。ともね。
> そのこ、挨拶はしても、もうきったねーとか言わなくなったよ^^v

さすが〜〜〜ゆきははさま〜〜〜〜
そのうち、ゆきははさまの子分になって
フンキャッチャー片手にヤギンポお伴させてください〜って言うんじゃないですかぁ♪

非公開コメント